【超初心者向け】WordPressの始め方

2019-10-10

最近では企業サイトやLP(ランディングページ)でもWordPressを利用して運用されているサイトが増えてきました。

WordPressはある調査によると、全世界のWEBサイトでCMSを利用しているサイトの内でWordPressを採用しているサイトは第1位で59.9%を占めています。
ちなみに第2位はJoomlaで5.9%です。

WordPressはデザインの統一やコンテンツの管理もしやすく、セットアップも簡単で、利用するテーマやプラグインで簡単に高度なSEO対策も施せるので、少人数や掛け持ちで企業サイトの管理を行っている中小企業でもお手軽に導入することができます。

WordPressとは
WordPress(ワードプレス)は、2003年5月27日にリリースされたオープンソースのコンテンツ管理システム (CMS) です。
開発言語にはPHPが利用されています。
WordPressをりようすることで複雑なHTML構造やCSSを編集することなくサイトの構築が可能になります。

コンテンツマネジメントシステムとは
コンテンツマネジメントシステム(英content management system, CMS)は、ウェブコンテンツを構成するテキストや画像などのデジタルコンテンツを統合・体系的に管理し、配信など必要な処理を行うシステムの総称のこと。

今回はWordPressをドメイン取得からWordPressでの記事の投稿まで、始めて導入する方法を順を追って説明します。

WordPressの始め方

WordPressを利用するには最低限「ドメイン」「サーバー(今回はレンタルサーバーを利用)」が必要です。

WordPressを始めて運用するには以下の手順になります。

  • STEP1
    ドメイン取得
    レジストラと呼ばれる業者を通じて自分だけの独自ドメインを取得します。
  • STEP2
    サーバーを準備
    レンタルサーバーを契約しWordPressを運用する環境を作成します。
  • STEP3
    DNS設定
    DNSを設定して取得した独自ドメインと契約したレンタルサーバーを結びつけます。
  • STEP4
    WordPressインストール
    独自ドメインを使ってレンタルサーバーでWordPressのインストールと必要なプラグインのインストールを行います。
  • STEP5
    テーマ選択
    SEOに強いと言われているWrodPressテーマをインストールします。
  • STEP6
    プラグイン設定
    記事を書くのに便利なプラグインをインストールします。

では、順を追って各ステップを見ていきましょう。

独自ドメインを取得する

まずは今回利用するドメインを取得しましょう。

ドメインとは
ドメインとはインターネット上の住所のようなもので、インターネット上に存在するコンピューターやネットワークを識別するための名前のことです。

ドメインは厳格に管理されており、自分で勝手につけて利用することはできません。

レジストラと呼ばれる業者に利用したいドメインを申請し、登録作業の代行を行ってもらうのが一般的です。

お名前.com

お名前.comは国内最大級のドメイン公式登録サービスです。
ドメイン登録時に、Whois情報公開代行サービスを利用すると無料で利用することができます。

オススメ

レンタルサーバーを契約する

今回は自分でサーバーを立ちあげるのではなく、サーバー環境を貸してくれる(レンタルサーバー)業者があるので、そちらで代用します。

レンタルサーバーはたくさんあるのですが、選択する基準は

  • 安定性
  • 高速
  • 使いやすさ

の3つを基準に選択するとよいでしょう。

特に「高速」はインターネット回線の太さや、ディスクにSSD(Solid State Drive:ソリッドステートドライブ)を利用しているレンタルサーバーを選択することが重要です。
(WordPressの表示速度はSEOやサイトの離脱率低下に大きく寄与します。)

SSDとは
ソリッドステートドライブ(Solid State Drive,SSD)は、半導体メモリをディスクドライブのように扱える補助記憶装置で、一般的なハードディスク(Hard Disk Drive,HDD)よりも高速に動作します。

エックスサーバー

高速かつ高機能、稼働率99.99%以上の高い安定性で、業界トップクラスの高コストパフォーマンスを誇る、月額900円(税抜)からの高品質レンタルサーバーです。

オススメ

DNS設定

DNSを設定して取得した独自ドメインと契約したレンタルサーバーを結びつけます。

これはドメインにアクセスがあった時に、そのアクセス先を自分が契約したレンタルサーバーに設定する作業です。

一般的にはレジストラが準備しているDNSを設定する画面に自分の契約したレンタルサーバーのネームサーバーを登録します。
(設定の反映には数時間かかることもあるので、我慢強く待ちましょう。)

WordPressインストール

いよいよWordPressをレンタルサーバー環境にインストールします。

難しそうに感じるかもしれませんが、各レンタルサーバー会社が簡単にWordPressをインストールできる機能を提供しているので、問題なくインストールすることができます。
(インストールには管理者のID、パスワード、メールアドレスが必要になるので事前に用意しておきましょう。)

テーマ選択

WordPressがインストールできたら管理画面にログインします。

WordPressには「テーマ」と呼ばれる「お着換え」機能があるので、自分の好みにあった「テーマ」をインストールしましょう。

WordPressテーマ「ストーク」

スマートフォンでの使用感にとことんこだわり、見た目のインパクトよりも「使いやすさ」「読みやすさ」にこだわったWordPressテーマです。

オススメ

プラグイン設定

最後にプラグインをインストール、設定します。

WordPressにはプラグインというプログラムを後から組み込んで、様々な機能を追加することができます。

あとは記事を書くだけ

これでWordPressでサイトを運用する準備は整いました。

あとは記事をどんどん書いていきましょう。

まとめ

WordPressやCMS、ドメイン、レンタルサーバーなどなどの言葉を聞くだけで難しく感じるかも知れませんが、実際は各企業が提供している機能を使って作業を進めて行けば、全く難しいものではありません。

これを機会にWordPressでサイト運営を始めてみてはいかかでしょうか?

エックスサーバー

高速かつ高機能、稼働率99.99%以上の高い安定性で、業界トップクラスの高コストパフォーマンスを誇る、月額900円(税抜)からの高品質レンタルサーバーです。

オススメ

以上、【超初心者向け】WordPressの始め方でした。

【賢威】

ウェブライダーがもつ検索で上位表示させるためのノウハウが注ぎ込まれ、200ページを越えるSEOマニュアル、サポートフォーラムの利用権がセットになっています。

オススメ