開発言語に関するカテゴリー

2020-06-23Python

2020-06-23

pyodbcでSQLServer上で実行したSELECT文のカラム名を取得するにはdescriptionプロパティを参照すると取得することができます。

2020-06-09PHP

2020-06-09

ラインビーコンの仕組み

ラインビーコンの仕組みは、ビーコン端末から、ビーコンがBluetoothを利用して送信されます。
ラインでお友達登録されている方が、ビーコンの送信範囲圏内に入ったタイミングで
イベントが実行され、 ...

2020-06-09PHP

2020-06-09

ラインビーコンでメッセージ送信

今回は、ビーコンを使って実際にロジックをつくってみます。
仕様としては、以下の通り

1.お友達登録した方がビーコン圏内に入る。
2.圏内に入ったユーザがいたら、管理者にメッセー ...

2020-06-09PHP

2020-06-09

PHP pathinfo 日本語ファイル名が含まれた場合

特定のディレクトリのファイル情報を読み込む場合pathinfoを使い、ファイル情報を取得します。
しかし、ファイル名に日本語名が含まれている場合、正常に取得ができません。 ...

JavaScript

jQueryのプラグイン「jqGrid」はHTML標準の「TABLEタグ」だけでは実現するには難しいデータのソートや絞り込みなどの機能を簡単に実現できるものです。今回はCDNを利用して「jqGrid」をサイトに導入する方法を解説します ...

Python

Pythonのアプリケーションから動作しているコンピュータのIPアドレスを取得するには「socket」を利用します。

Python

PythonでWith構文を利用すると、呼び出し側で明示的に「初期処理」、「終了処理」を呼び出さなくても自動的に実行されるようになります。PythonでWith構文に対応したクラスを作成するには「__enter__()」と「__exi ...

Python

PythonのFlaskは簡単にWEBアプリケーションを構築することができるようになるフレームワークです。

Python

Pythonでインストールされているモジュールの一覧を作成するには「pip freeze」もしくは「pip list」で作成することができます。

2019-11-29JavaScript

2019-11-29

Javascriptで半角英数字の混在した文字列から数字だけを抜き出すには正規表現を利用することで1行で簡単に行えます。

Javascriptで文字列から数字だけを抜き出す方法

文字列から数字だけを抜き出すには1文字ごとにル ...

2019-09-26Boostrap

2019-09-26

BootstrapをWordPressに簡単組み込むにはBootstrapのCDNサービスを利用するとファイルをダウンロードし、サーバーにアップすることなく組み込むことができます。

2019-09-16PHP

2019-09-16

ラインビーコンを使ってみた

ラインビーコンとは、”ビーコン”といわれる機器から定期的に電波を発して
登録されたLineが一定の範囲に入ったLineのイベントが起動されるものです。
範囲は、30mと ...

2019-08-25PHP

2019-08-25

Line開発をする上でのプラン選び

Lineでの開発をする場合、「Reply API」「Push API」は使いたいものです。
でも、可能な限り料金はかからない方がよい。

プランの制限

プランを見てみると

2019-08-19PHP

2019-08-19

subscriber 気象庁から防災情報XMLを受信(PULL型 受信方法)

PULL型の受信方法は、RSSの仕組みと同じものです。
RSSリーダを使用すれば、容易に情報を取得することができます。

しかし、今回実施し ...

2019-08-19PHP

2019-08-19

PHPでMySQLのデータにアクセスするにはPDOクラスを利用すれば簡単にアクセスすることができます。

2019-08-15PHP

2019-08-15

subscriber 気象庁から防災情報XMLを受信(PUSH型提供終了検討)

気象庁では、平成24年から気象庁防災情報XMLフォーマット形式電文の提供を開始しており、PUSH型提供環境を構築しています。
以前の、記事にも載せて ...

2019-08-13PHP

2019-08-13

以前、Line Botの記事を書いてからずいぶん経ちますが、
今回、LineBot送信で、思わぬ障害がおきてしまったので記事にしてみました。

Failed to send messagesのエラー対応

今回の障害とは ...

2019-08-01Go言語

2019-08-01

XMLの生成

XMLのパース ① で作成した構造体を元に、今回はパースとは逆に構造体を元にしてXMLを生成します。

生成前回のパースの結果です。

前回のパースにより、dataにはこのように要素の値が取得できました。

2019-03-19スタイルシート

2019-03-19

CSS(スタイルシート)を使う上で必ず理解しておかなければならないことの1つに「ボックスモデル」があります。

CSSのボックスモデルを理解する

ボックスモデルとは要素は四角の箱の中に入っているという考え方で、この箱の中身に対 ...

2019-03-05Go言語

2019-03-05

MySQLへの接続

MySQLを使用するということで、
接続用のパッケージがあります。
今回は、「github.com/go-sql-driver/mysql」を使用してDBへの接続を試みます。

接続方法

これ ...

2019-03-01Go言語

2019-03-01

XMLのパース ①

XML形式を扱うには、encoding/xmlパッケージを使用します。

パース下記のようなxmlをパースすることで、xmlから名前とメールアドレスを取り出してみましょう。xmlに合わせて、構造体を定 ...

2019-02-08Go言語

2019-02-08

JSONのパース/生成

JSON形式を扱うには、encoding/jsonパッケージを使用します。

パース処理

JSON形式の文字列をパースするには、JSONのデータ構造に合わせて構造体を定義し、Unmarshal関数を使用し ...

2019-02-07Go言語

2019-02-07

CSVのパース/生成

CSVを扱うには次のパッケージをインポートする必要があります。

import “encoding/csv”

1行づつ読み出すCSVの書込み2次元配列を一気に出力出力するit ...

2019-02-06Go言語

2019-02-06

Go言語 文字列処理

今回は「文字列処理」について説明します。
stringsパッケージは文字列操作を行う関数を提供します。

文字列の結合文字列の検索

Contains関数は、文字列の中に別の文字列が存在するかどうかを ...

2019-02-05Go言語

2019-02-05

日時に関する処理

日付を扱うには次のパッケージをインポートする必要があります。

import “time”

現在日時の取得

これで、日付が取得できます。
年月日時分秒は次の指定で取得 ...

2019-02-04Go言語

2019-02-04

Go言語 スライス

今回は「スライス」について説明します。
スライスとは、可変長配列を持たない代わりに実装された型。
配列全体のポインタ、配列の長さ(len)、配列の容量(cap)からなるデータ構造を保持している。

2019-02-03Go言語

2019-02-03

ゴルーチン

ゴルーチンとは、マルチスレッドのことを指すようです。
別名では「go文」といわれるようです。

記述方法

出力結果は以下の通りになります。
※マルチスレッドなので、必ずこのような表示とは限りませんが。 ...

2019-02-02Go言語

2019-02-02

エラー処理

JavaやC++には、try, catch, throw といったエラーを処理する構文がありますが、go言語では、関数の戻り値を複数得ることができるので、errorの判定もその都度簡単に行うことができます。

例えばこん ...

2019-02-01Go言語

2019-02-01

Go言語 パッケージ

今回は「パッケージ 」について説明します。
Go言語では、名前空間を分けるための仕組みとして、「パッケージ」を使用します。
モジュール性、カプセル化、分離されたコンパイル、再利用をサポートするもので ...

2019-01-31Go言語

2019-01-31

配列の使い方宣言方法

このように、配列の要素数は型の前に記載します。

使用方法

配列の要素数を取得するには、lenを使用します。

動的配列

Go言語では、動的配列のところ「slice」(スライス)とよぶ

...

株式会社システムトラスト

人材募集中です。

システムトラストでは、システムエンジニア、プログラマーなどを随時募集中です。気軽にご相談ください。

お問合せ