Go言語に関する記事を集めたカテゴリー

Go言語

XMLの生成

XMLのパース ① で作成した構造体を元に、今回はパースとは逆に構造体を元にしてXMLを生成します。

生成前回のパースの結果です。

前回のパースにより、dataにはこのように要素の値が取得できました。

Go言語

MySQLへの接続

MySQLを使用するということで、
接続用のパッケージがあります。
今回は、「github.com/go-sql-driver/mysql」を使用してDBへの接続を試みます。

接続方法

これ ...

Go言語

XMLのパース ①

XML形式を扱うには、encoding/xmlパッケージを使用します。

パース下記のようなxmlをパースすることで、xmlから名前とメールアドレスを取り出してみましょう。

 

Go言語

JSONのパース/生成

JSON形式を扱うには、encoding/jsonパッケージを使用します。

パース処理

JSON形式の文字列をパースするには、JSONのデータ構造に合わせて構造体を定義し、Unmarshal関数を使用し ...

Go言語

CSVのパース/生成

CSVを扱うには次のパッケージをインポートする必要があります。

import “encoding/csv”

1行づつ読み出すCSVの書込み2次元配列を一気に出力出力するit ...

Go言語

Go言語 文字列処理

今回は「文字列処理」について説明します。
stringsパッケージは文字列操作を行う関数を提供します。

文字列の結合文字列の検索

Contains関数は、文字列の中に別の文字列が存在するかどうかを ...

Go言語

日時に関する処理

日付を扱うには次のパッケージをインポートする必要があります。

import “time”

現在日時の取得

これで、日付が取得できます。
年月日時分秒は次の指定で取得 ...

Go言語

Go言語 スライス

今回は「スライス」について説明します。
スライスとは、可変長配列を持たない代わりに実装された型。
配列全体のポインタ、配列の長さ(len)、配列の容量(cap)からなるデータ構造を保持している。

Go言語

ゴルーチン

ゴルーチンとは、マルチスレッドのことを指すようです。
別名では「go文」といわれるようです。

記述方法

出力結果は以下の通りになります。
※マルチスレッドなので、必ずこのような表示とは限りませんが。 ...

Go言語

エラー処理

JavaやC++には、try, catch, throw といったエラーを処理する構文がありますが、go言語では、関数の戻り値を複数得ることができるので、errorの判定もその都度簡単に行うことができます。

例えばこん ...

Go言語

Go言語 パッケージ

今回は「パッケージ 」について説明します。
Go言語では、名前空間を分けるための仕組みとして、「パッケージ」を使用します。
モジュール性、カプセル化、分離されたコンパイル、再利用をサポートするもので ...

Go言語

配列の使い方宣言方法

このように、配列の要素数は型の前に記載します。

使用方法

配列の要素数を取得するには、lenを使用します。

動的配列

Go言語では、動的配列のところ「slice」(スライス)とよぶ

...

Go言語

関数・メソッド関数の定義

func 関数名(引数名 型) 戻り値の型 {
処理
}

例:引数と戻り値を共に、カンマ区切りで複数指定した。

関数の呼出し・戻り値の取得

上で作った関数を呼び出

Go言語

Go言語 構造体

今回は「構造体 (structure) 」について説明します。
Go言語の構造体は、基本的にはC言語の構造体と同じですが、このほかにも「メソッド (method) 」の定義や構造体の「埋め込み」といった機能があ ...

Go言語

Go言語の文法main処理

func 関数名というかたちになり、戻り値はreturn で戻します。
ただし、下の例のmainは戻り値を戻しません。

一番初めに実行される初期化処理

初期化処理を行うには ini

Go言語

ビルド・実行簡単なコードを記載します

文字コードは「UTF-8」にしないとエラーになります。
「abc.go」というファイル名にしました。

実行

コマンドプロンプトで、「abc.go」を配置したディレクトリー

Go言語

Go言語 開発環境構築

Go言語を試してみようと思いますので、まずは開発環境の構築から始めます。
対象のPCは、Windows10 64bitが前提です。

 ダウンロード

下記のGo言語の公式サイトからWindows版 ...

Go言語

Goの歴史

2009年11月にGoが初めて発表され、バージョン1.0が2012年3月28日にリリースされた。
GoはGoogleの本番システムの一部で使用されており、他の多数の企業やオープンソースプロジェクトでも使用されている。 ...

Go言語

Goは2009年にGoogleによって作られたとても新しい言語です。
Go言語は、Linux、Mac、Native Clientで動作する開発言語で、Linux・Mac・WindowsやAndroidで動作します。

株式会社システムトラスト

人材募集中です。

システムトラストでは、システムエンジニア、プログラマーなどを随時募集中です。気軽にご相談ください。

お問合せ