WordPressでユーザー向けのサイトマップ(sitemap)を設定する方法

WordPressではユーザー向けのサイトマップ(sitemap)をプラグインを使って簡単に設定することができます。

ユーザー向けのサイトマップ(sitemap)は訪問してくれたユーザーにサイトの他の記事を紹介するのに有用ですし、SEO的にも内部リンクになるので、必ず設置するようにしましょう。

サイトマップ(sitemap)作成プラグイン「PS Auto Sitemap」

WordPressではユーザー向けのサイトマップ(sitemap)を「PS Auto Sitemap」プラグインを利用することで簡単に作成できます。

プラグイン「PS Auto Sitemap」のインストール

プラグインPS Auto Sitemapをインストールするにはダッシュボードの「プラグイン」→「新規追加」から検索ボックスに「PS Auto Sitemap」と入力します。

検索されたPS Auto Sitemapを選択し、インストールして有効化すれば準備は完了です。

プラグインPS Auto Sitemapの設定

PS Auto Sitemapの設定は以下のように設定します。
PS Auto Sitemapの設定画面

ここで重要なのは「サイトマップを表示する記事」です。
ここには固定ページなど、実際にサイトマップを表示される記事のIDを入力します。
サイトマップを表示する記事ID
この例では「422」になります。

プラグインPS Auto Sitemapの表示

実際にサイトマップ(sitemap)を表示させるには該当の記事(このサイトでは記事ID422)を編集します。

編集内容はサイトマップを表示したい場所に

と記述します。

これで、記事を追加しても自動でユーザー向けのサイトマップを作成してくれます。

(2018.03.05現在:このサイトのサイトマップは利用しているテーマ「Luxeritas WordPress Theme」の標準機能でユーザー用のサイトマップ(sitemap)は表示させてます。