イントラマートのプレゼンテーションページとファンクションコンテナでグローバル変数を共有する

2018-02-07イントラマート

イントラマートのスクリプト開発で、グローバル変数をプレゼンテーションページとファンクションコンテナで共有する方法です。

イントラマートとは
株式会社NTTデータイントラマート社が開発・販売している、Webアプリケーションシステムのシステム共通基盤(統合型フレームワーク)で、国内の著名企業を中心に6,000社以上に導入されています。 イントラマートを導入することにより、Webシステム開発における短納期・低コスト・標準化推進・品質向上を実現できます。
詳しくはこちらをご覧ください。

イントラマートのプレゼンテーションページとファンクションコンテナでグローバル変数を共有する

イントラマートのシステムを開発する上である特定の値を全システムでグローバル変数を使用したい時があります。
スクリプト開発で、グローバル変数をプレゼンテーションページとファンクションコンテナで共有する方法です。

ファンクションコンテナ(.js)

var myConst ;    //定数定義保存エリア
function init( request )
{
    var i ;

    Constant.load( "ConstDef");

    myConst = new Object() ;
    for( i in Constant ){
        if( i.indexOf( "IM_" ) < 0 ){
            myConst&#91; i &#93; = Constant&#91; i &#93; ;
        }
    }
}
&#91;/javascript&#93;

<h3>定数定義(ConstDef.js)</h3>

var KEY_SEPARATOR = "," ;
var TMP_DIR = "/tmp" ;

function init()
{
}

プレゼンテーションページ(.html)

    <script>
        //Javascript内で共有(KEY_SEPARATORはConstDef.jsで宣言されている名前です。)
        var  split_char = "<IMART type="string" value=myConst.KEY_SEPARATOR></IMART>" ;
        window.alert( split_char ) ;
    </script>

    </head>
    <body>
        <table class='preview'>
            <tr>
                 <!-- HTML内で共有(TMP_DIRはConstDef.jsで宣言されている名前です。)-->
                 <td><IMART type="string" value = myConst.TMP_DIR></IMART></td>
            </tr>
        </table>
    </body>

これで「KEY_SEPARATOR」や「TMP_DIR」の値が変更になっても「ConstDef.js」を修正するだけですみます。

株式会社システムトラスト

イントラマートの導入・開発についてなど気軽にご相談ください。

お問合せ