イントラマートのRPCを利用したプレゼンテーションページでのログ出力

2018-02-07イントラマート

イントラマートでWEBページ側(プレゼンテーションページ)のログをサーバー側のファイルに出力する方法です。

イントラマートとは
株式会社NTTデータイントラマート社が開発・販売している、Webアプリケーションシステムのシステム共通基盤(統合型フレームワーク)で、国内の著名企業を中心に6,000社以上に導入されています。 イントラマートを導入することにより、Webシステム開発における短納期・低コスト・標準化推進・品質向上を実現できます。
詳しくはこちらをご覧ください。

イントラマートのRPC(リモートプロシジャーコール)を利用したログ出力

WEBページのデバッグ、window.alert()でデバッグ文表示してませんか?たくさんあると何度もメッセージボックスが表示されて大変です。
イントラマートのRPCを利用してプレゼンテーションページでのログ出力するとサーバ側のログに内容を出力することができます。

プレゼンテーションページのデバッグをする際に「window.alert()」で変数の内容を表示しようとした時に、当該データが数十件あって何度も「OK」ボタンを押下しないといけなくなってしまいます。

そんな時はRCPを利用してサーバ側でログを出力しましょう。

デバッグするプレゼンテーションページ

デバッグするプレゼンテーションページ。

<head>
    <IMART type="jsspRpc" name="html_log" page="LogInfo"></IMART>
</head>
<script>
    function init_func(){
        var wk = “出力メッセージです。” ;
        html_log.debug( wk ) ;    //デバッグログを出力する
        html_log.error( wk ) ;    //エラーログを出力する
        html_log.info( wk ) ;     //インフォメーションログを出力する
        html_log.warnning( wk ) ; //ワーニングログを出力する
    }
</script>

サーバ側のログ出力機能

サーバ側のログ出力機能。(LogInfo.js)

myLogger.info_logger =  Logger.getLogger( "INFO" );
myLogger.debug_logger = Logger.getLogger( "DEBUG" );
myLogger.warnning_logger = Logger.getLogger( "WARNNING" );
myLogger.error_logger = Logger.getLogger( "ERROR" );

function info( mes )
{
    myLogger.info_logger.info( mes ) ;
}
function debug( mes )
{
    myLogger.debug_logger.debug( mes ) ;
}
function warnning( mes )
{
    myLogger.warnning_logger.warnning( mes ) ;
}
function error( mes )
{
    myLogger.error_logger.error( mes ) ;
}

これでプレゼンテーションページでの内容がサーバ側のイントラマートのログに出力されるようになります。

 

株式会社システムトラスト

人材募集中です。

システムトラストでは、システムエンジニア、プログラマーなどを随時募集中です。気軽にご相談ください。

お問合せ