イントラマートのメモリ解放処理

2018-02-07

イントラマートのメモリ解放は本来ガベージコレクションで自動で行われますが、プログラム的に意図して開放する処理を検討します。

イントラマートとは
株式会社NTTデータイントラマート社が開発・販売している、Webアプリケーションシステムのシステム共通基盤(統合型フレームワーク)で、国内の著名企業を中心に6,000社以上に導入されています。 イントラマートを導入することにより、Webシステム開発における短納期・低コスト・標準化推進・品質向上を実現できます。
詳しくはこちらをご覧ください。

イントラマートのメモリ解放処理

本来はガベージコレクターで解放されるので不要なのかも知れませんが、メモリリークの対策として、ガベージコレクターが動かなくてもメモリを解放する処理を作成して見ました。

ちなみに呼び出し形式は

です。

Module.data.varType()の戻り値すべてで動作させましたが
特にはエラーは出ませんでした。

実際に適当に大きなメモリを確保して呼び出すと
FreeMemory増えたり減ったり。
ガベージコレクターは確実にFreeMemory増えますね。
以下は関数呼び出し前後、ガベージコレクターの結果。