イントラマートのContentオブジェクトを使って、別のソースファイルにある関数を呼び分ける

2018-02-07イントラマート

イントラマートのContentオブジェクトを使って、別のソースファイルにある関数を呼び分ける方法です。

イントラマートとは
株式会社NTTデータイントラマート社が開発・販売している、Webアプリケーションシステムのシステム共通基盤(統合型フレームワーク)で、国内の著名企業を中心に6,000社以上に導入されています。 イントラマートを導入することにより、Webシステム開発における短納期・低コスト・標準化推進・品質向上を実現できます。
詳しくはこちらをご覧ください。

イントラマートのContentオブジェクトを使って、別のソースファイルにある関数を呼び分ける

イントラマートのContentオブジェクトを使って、別のソースファイルにある「disp_log()」という関数を呼び分けます。

まずは呼び出し側から。

var logger = Logger.getLogger();

function init( request )
{
    var ret ;
    //別のソースファイル(common1.jsにある「disp_log」という関数を呼びます
    ret = Content.executeFunction( "common1", "disp_log", "abc", "123", 456 ) ;
    logger.debug( "common1  disp_log()の戻り値[" + ret + "]" ) ;

    //別のソースファイル(common2.jsにある「disp_log」という関数を呼びます
    ret = Content.executeFunction( "common2", "disp_log", "123", "abc", 321 ) ;
    logger.debug( "common2  disp_log()の戻り値[" + ret.ret + "]" ) ;

}

common1.jsです。

var logger = Logger.getLogger();

function disp_log( para1, para2, para3 )
{
    logger.debug( "my filename=[common1.js] para1=[" + para1 + "] para2=[" + para2 + "] para3=[" + para3 + "]") ;
    return "12345" ;
}

common2.jsです。(戻り値をObject型にしてみました。)

var logger = Logger.getLogger();

function disp_log( para1, para2, para3 )
{
    logger.debug( "my filename=[common2.js] para1=[" + para1 + "] para2=[" + para2 + "] para3=[" + para3 + "]") ;

    var ret = new Object() ;
    ret.ret = "abcd" ;
    return ret ;
}

上手く使えばデザインパターンの「Template Methodパターン」なんかも実装できるかも知れません。

株式会社システムトラスト

イントラマートの導入・開発についてなど気軽にご相談ください。

お問合せ