イントラマートに独自のオブジェクト(静的なメソッド)を登録する

2018-02-07イントラマート

イントラマートに独自のオブジェクト(静的なメソッド)を登録する方法です。

イントラマートとは
株式会社NTTデータイントラマート社が開発・販売している、Webアプリケーションシステムのシステム共通基盤(統合型フレームワーク)で、国内の著名企業を中心に6,000社以上に導入されています。 イントラマートを導入することにより、Webシステム開発における短納期・低コスト・標準化推進・品質向上を実現できます。
詳しくはこちらをご覧ください。

イントラマートに独自のオブジェクト(静的なメソッド)を登録

イントラマートのスクリプト開発で独自に作成したオブジェクト(静的なメソッド)を追加すると、
Procedure.define()で定義することなく、静的なメソッドが利用できるようになります。

1.独自のオブジェクト(静的なメソッド)の作成

追加するオブジェクトを定義します。

var myObject = function()
{
}
myObject.myFunction = function()
{
    return 1 ;
}

2.独自のオブジェクト(静的なメソッド)の登録

次に作成した独自のオブジェクト(静的なメソッド)をイントラマートに登録します。
登録の方法はイントラマートをインストールしたフォルダーにある
conf/system-install.xmlのに定義を追加します。

<java-script-api>
    <api-script>
        test_src/myObject#myObject
    </api-script>
</java-script-api>

記述方法は、「オブジェクトを定義したjsファイルパス#オブジェクト」になります。

conf/system-install.xml変更後はサーバの再起動が必要です。

3.独自のオブジェクト(静的なメソッド)の呼出し

登録した独自のオブジェクト(静的なメソッド)を呼び出します。

    var ret = myObject.myFunction() ;  //静的なメソッドを呼び出します。

 

株式会社システムトラスト

人材募集中です。

システムトラストでは、システムエンジニア、プログラマーなどを随時募集中です。気軽にご相談ください。

お問合せ