イントラマートのrepeatタグを利用してテーブルの行、列の数を動的に変更する

2018-02-07

イントラマートのrepeatタグを利用してテーブルの行、列の数を動的に変更する方法です。

イントラマートとは
株式会社NTTデータイントラマート社が開発・販売している、Webアプリケーションシステムのシステム共通基盤(統合型フレームワーク)で、国内の著名企業を中心に6,000社以上に導入されています。 イントラマートを導入することにより、Webシステム開発における短納期・低コスト・標準化推進・品質向上を実現できます。
詳しくはこちらをご覧ください。

イントラマートのrepeatタグを利用してテーブルの行、列の数を動的に変更する

イントラマートのrepeatタグを二重にして用してテーブルの行、列の数を動的に変更します。

まずは、ファンクションコンテナで元となるテーブルデータを作成します。
ここで作成するのは6行、8列のテーブルです。

プレゼンテーションページです。