イントラマートで名前付き引数と可変個引数の関数を実現する

2018-04-12

イントラマートで名前付き引数と可変個引数の関数を実現する

イントラマートで名前付き引数と可変個引数の関数を実現方法です。

呼び出し側。(ファンクションコンテナだけです。)

呼び出される側。

sub_func1()は渡された引数分、その内容をログに出力します。
sub_func2()は渡された引数の中で表示したいもののみ、その内容をログに出力します。
どちらの関数も引数を渡す順番に制限はありません。