WordPressで利用しているPHPのバージョンを調べる方法

WordPressで運用しているサイトのPHPのバージョンを調べるにはWordPressのプラグインの「Query Monitor」を使うと簡単に調べることができます。

WordPressで利用しているPHPのバージョンを調べる方法

システムトラストで運用しているWordPressサイトで以下のようなエラーがダッシュボードに表示されるようになりました。

 
WordPressのダッシュボードに表示されたPHPのバージョンが古いというエラーメッセージ

 
利用しているレンタルサーバーにログインできれば良いのですが、セキュリティ上許可されていなかったので、なんとかWordPressの管理コンソールからわかる方法はないかと調べました。

WordPressのプラグインの「Query Monitor」

そこで検索にひっかっかてきたのがWordPressのプラグインの「Query Monitor」です。

WordPressのプラグインの「Query Monitor」は、インストールして有効化するだけで様々な情報を可視化してくれます。

インストールはダッシュボードの「プラグイン→新規追加」から「Query Monitor」で検索すれば公式サイトから見つけ出すことができます。

以下の画面がWordPressのプラグインの「Query Monitor」を有効化した時の画面です。

 
WordPressのプラグインの「Query Monitor」環境確認画面

 
この画面で行くとたしかにPHPのバージョンが少し古いようですね。

まとめ

WordPressのプラグインの「Query Monitor」を利用するとPHPのバージョンだけではなく、その他おおくの情報が可視化されます。

普段は有効化する必要はないとおもいますが、何かトラブルがあった時には有効な情報を簡単に得ることができるかもしれません。

以上、WordPressで利用しているPHPのバージョンを調べる方法でした。