LINE BOTを使ってみよう。(MessagingAPIで利用できる料金プランによる制限)

2019-08-25

Line開発をする上でのプラン選び

Lineでの開発をする場合、「Reply API」「Push API」は使いたいものです。
でも、可能な限り料金はかからない方がよい。

プランの制限

プランを見てみると

Line料金プラン

無料プランでみると「Developer Trial」「フリー」があります。
フリーの場合、「Push API」が使用できません。
では、選択肢は「Developer Trial」しかありません。
しかし、「Developer Trial」では、追加可能友だち数が50人という制限があります。

50人以上の登録があった場合、お友達登録の時に制限のエラーがでてしまいます。

これを回避するには、と考えたとき。

私は、次の方法をとってみました。
50人の制限に達した場合、新しいプロバイダを作成して、新しいプロバイダに登録をしてもらいます。

複数のプロバイダを連携させる

この時、プロバイダが2つ(L1,L2とします)となったとき
L1から投稿したらL2にも反映しなくてはなりません。
Webhook URL に指定するプログラム内で、L2に連携する処理を入れればいいだけ。。

sendLineはLinePushするロジックを書いています。
プロバイダがいくつ増えても、一つに投函したものは、すべてに連携できます。

Webhook の注意点

複数のプロバイダで連携させたい場合、当初Webhook URLをおなじCallBackプログラムを指定したらよいと考えていましたが、同じWebhook URLを指定した場合、Line に Pushすることができません。
L1では、うまく送信できてもL2では「Failed to send messages」となり送信できません。
原因は特定できてないのですが、L1とL2を異なるCallBackプログラムにすると問題なく送信できます。

【この設定を二つのプロバイダに設定するとNG】

Callback_ecmn_test1.phpとCallback_ecmn_test2.phpと分けるとうまく行えます。

ひとまず、これで無料プランで50人以上のお友達登録での運用ができます。

[前の記事]LINE BOTを使ってみよう。 (Failed to send messages)
[次の記事]LINE BOTを使ってみよう。(ラインビーコンを使ってみた)