SEO対策するならheadタグに設定した方がよいmetaタグ

SEOで重要なポイントを占める<head>に記述するメタタグです。

きちんと書かなければ「SEO的」には不利に働きます。

<head>に書くものは基本的にはユーザーに見えないので「おざなり」にしているサイトなども散見されますが、ここはきちんと書いておいた方が無難です。

<head>に記述するメタタグ

<head>に書く必須なメタタグは以下のものがあります。

文字エンコード【推奨】

文字エンコードはそのページが作成されている文字コードをブラウザーに通知し文字化けを防ぐ役割があります。

タイトルタグ【必須】)

タイトルタグはブラウザーのヘッダー部分にや検索エンジンの検索結果のタイトルに表示される重要なものです。

ユーザーにとっても重要なものなのでよく検討して設定しましょう。

descriptionタグ【必須】

descriptionタグはページに何が書かれてあるのかを示す説明文を書きます。
検索エンジンの検索結果にも表示される場合が多いので、適切な文章をページごとに設定します。

URLの正規化(canonical)【必須】

canonicalはサイト内でのページ重複を防ぐ重要なタグです。重複ページで検索エンジンからペナルティーを食らわないように適切に設定します。

OGPタグ/Twitterカード設定【推奨】

OGPタグ/TwitterカードタグはSNSなどからのリンクの際に見栄えよくリンクされるように設定するタグです。

これも必ず設定しておきましょう。

viewport設定【必須】

viewportは文書の表示領域を設定するタグで、スマホやタブレットのモバイル端末で最適にWeb表示させるためのレスポンシブWebデザイン適用時に必要なタグです。

レスポンシブ対応のページでは必須のタグです。

meta robots【推奨】

robotsタグは検索エンジンのクローラーにこのページを「登録させるのか、させないのか」、「ページにあるリンク先をたどるのか、たどらないのか」を設定するタグです。

基本的に「index,follow」を指定する場合はなくても構いません。

Keywords【推奨】

キーワードタグはページに書かれてある内容のキーワードを検索エンジンに伝える役目がありましたが、近年ではその重要性が薄れています。

まとめ

これらのタグは設定しなくてもユーザーに見える部分ではないので意味がないと思いがちですが、SEO的には重要なものなのでよく検討して設定するようにしましょう。

以上「SSEO対策するならheadタグに設定した方がよいmetaタグ」でした。