CSVに計算式を設定しExcelでインポートする方法

2018-03-08Execl

CSVファイルにExcelの関数式などを組み込んでインポートすると、おもしろいことにちゃんと計算式がExcelに設定されます。

CSVの計算式をEXCELにインポートする

実際には以下のようなCSVファイルを作成して、EXCELで開きます。

1,2,=A1+B1,=SUM(A1:B1)
2,3,=A2+B2,=SUM(A2:B2)
=SUM(A1:A2),=SUM(B1:B2),=SUM(C1:C2),=SUM(D1:D2)

EXCELで開いた結果は以下の通り。
CSVに計算式を組み込んだ結果

ちゃんとセル内に計算式(SUM())が設定され、計算も実行されています。

以上、CSVに計算式を設定しExcelでインポートする方法でした。

 

株式会社システムトラスト

人材募集中です。

システムトラストでは、システムエンジニア、プログラマーなどを随時募集中です。気軽にご相談ください。

お問合せ