手軽で便利なIFERROR関数

IFERROR関数は、下の図のように、郵便番号一覧を元に、住所列(水色背景色)を埋める際に便利に使用できます。

og:image / twitter:image

まず、あまり考慮せずにVLOOKUP関数をセル「C3」に記載すると

=VLOOKUP($B3,E:F,2,FALSE)

というように記載しますが、このままだと見つからなかった郵便番号の住所に「#N/A」が表示されて、もう少し体裁を整えたい場面があります。

og:image / twitter:image

こんな時に「IFERROR(, エラーの場合の値)」を使えば、比較的手軽に実装できます。

値の部分を、「VLOOKUP($B3,E:F,2,FALSE)」に置き換えて、下のような記述に変更します。

=IFERROR(VLOOKUP($B3,E:F,2,FALSE),”一覧にありません”)

こんな感じですね。

og:image / twitter:image