EXCELをキーボードだけで素早く操作する方法

EXCELにはマウスを使わなくてもキーボードだけで、メニューにある項目を選択する機能が備わっています。

それはキーボードの「Alt」キーを基準に操作していきます。

EXCELをキーボードだけで素早く操作する方法

キーボードを使って素早くEXCELを操作するには「Alt」キーを上手につかうことです。

以下の図を見て頂ければわかりますが、EXCELの画面で「Alt」キーを入力すると
EXCELをキーボードだけで素早く操作するその1
のように各メニューにアルファベットが表示されます。

これが次に入力するキーです。

ここでは「m」を押します。
EXCELをキーボードだけで素早く操作するその2
すると「数式」が選択されますね。

次は「u」を入力ます。
EXCELをキーボードだけで素早く操作するその3
これで「オート関数」が選択されます。

最後に「s」を入力と
EXCELをキーボードだけで素早く操作するその4
無事「SUM関数」が入力できましたね。

ここまでまったくマウスを使うこと無くSUM関数をセルに設定できました。

あとはよく使う組み合わせを覚えれば、関数の挿入やファイル保存、その他なんでも簡単に素早くできるようになります。