LINE BOTを使ってみよう。(ラインビーコンの仕組み)

2020-06-09PHP

ラインビーコンの仕組み

ラインビーコンの仕組みは、ビーコン端末から、ビーコンがBluetoothを利用して送信されます。
ラインでお友達登録されている方が、ビーコンの送信範囲圏内に入ったタイミングで
イベントが実行され、サーバ側に誰が圏内に入ったかが通知がサーバに届きます。

通知が来た時のビーコンのイベントとして以下のものがあります。

{"type":"beacon",
 "replyToken":"*********************",
 "source":{"userId":"*********************",
           "type":"user"
          },
 "timestamp":1581149229680,
 "mode":"active",
 "beacon":{"hwid":"************",
           "dm":"",
           "type":"enter"
          }
}

ここでキーとなる情報がtypeとbeacon.typeになるかと思います。
typeは、その情報がbeaconであるかを判断します。
beacon.type は、お友達登録されたユーザが、ビーコン範囲に入ったか?どうかを
調べるのに使用します。
圏内に入ったときは「enter」が設定され
圏外になったときは「leave」なのですが・・・
リファレンスを見ると
ラインビーコンAPI
このように、leaveは、廃止予定(すでに廃止されているような)
では、圏外になったときは、どうしたらよいか・・・
enterのみで、後はDBを用いてレベル管理などのロジックが必要になるのでしょうか。

次回は、ビーコンを利用して、お友達登録されたユーザが圏内に入ったらメッセージを送る処理を
実際に作っていきます。

[前の記事]LINE BOTを使ってみよう。(ラインビーコンを使ってみた)

 

株式会社システムトラスト

人材募集中です。

システムトラストでは、システムエンジニア、プログラマーなどを随時募集中です。気軽にご相談ください。

お問合せ