イントラマートに独自のオブジェクト(インスタンス)を登録する

2018-04-12

イントラマートに独自のオブジェクト(インスタンス)登録する

イントラマートのスクリプト開発で独自に作成したオブジェクト(インスタンスオブジェクト)を追加すると、Procedure.define()で定義することなく、インスタンスオブジェクトが利用できるようになります。

1.独自のオブジェクト(インスタンスオブジェクト)の作成

追加するオブジェクトを定義します。

2.独自のオブジェクト(インスタンスオブジェクト)の登録

次に作成した独自のオブジェクト(インスタンスオブジェクト)をイントラマートに登録します。
登録の方法はイントラマートをインストールしたフォルダーにあるconf/system-install.xmlの<java-script-api>に定義を追加します。

記述方法は、「<api-script>オブジェクトを定義したjsファイルパス#オブジェクト</api-script>」になります。

conf/system-install.xml変更後はサーバの再起動が必要です。

3.独自のオブジェクト(インスタンスオブジェクト)の呼出し

登録した独自のオブジェクト(静的なメソッド)を呼び出します。