イントラマートのImartオブジェクトを使用して独自のIMARTタグを作成する

2018-02-07イントラマート

イントラマートのImartオブジェクトを使用して独自のIMARTタグを作成する方法です。

イントラマートとは
株式会社NTTデータイントラマート社が開発・販売している、Webアプリケーションシステムのシステム共通基盤(統合型フレームワーク)で、国内の著名企業を中心に6,000社以上に導入されています。 イントラマートを導入することにより、Webシステム開発における短納期・低コスト・標準化推進・品質向上を実現できます。
詳しくはこちらをご覧ください。

イントラマートのImartオブジェクトを使用して独自のIMARTタグを作成する

イントラマートのImartオブジェクトを使用して独自のIMARTタグを作成します。

まずファンクションコンテナに

Imart.defineType( "ORCondition", checkCondition ) ;
function checkCondition( attr, inner )
{
    var ret = "" ;    //タグの実行結果
    for( var key in attr ){
        if( key.indexOf( "value" ) >= 0 ){
            if( attr.target == attr[ key ]){
                ret = inner.execute() ;    //<IMART> タグおよび </IMART> に挟まれた範囲のスクリプトを実行
                break ;
            }
        }
    }
    return ret ;
} 

と新しいタグ「ORCondition」を作成します。
(このタグは与えられた値(target)がvalue1~valueNで与えられた値に一致するとタグ内を実行します。)

プレゼンテーションページで作成したタグを呼び出します。

    <IMART type="ORCondition" target="table1" value1="table3" value2="table1" value3="table4">match<BR></IMART>
    <IMART type="ORCondition" target="table1" value1="table2" value2="table3">unmatch<BR></IMART>

実行結果は

    match

と表示されます。

※プレゼンテーションページで使用する前に該当の「Imart.defineType()」が1回は実行されている 必要があります。

 

株式会社システムトラスト

人材募集中です。

システムトラストでは、システムエンジニア、プログラマーなどを随時募集中です。気軽にご相談ください。

お問合せ