Transfer.toErrorPage()でModule.alert.back()のように前画面へ戻る(history.back)を実現する方法

2018-02-07イントラマート

Transfer.toErrorPage()でModule.alert.back()のように前画面へ戻る(history.back)を実現する方法です。

イントラマートとは
株式会社NTTデータイントラマート社が開発・販売している、Webアプリケーションシステムのシステム共通基盤(統合型フレームワーク)で、国内の著名企業を中心に6,000社以上に導入されています。 イントラマートを導入することにより、Webシステム開発における短納期・低コスト・標準化推進・品質向上を実現できます。
詳しくはこちらをご覧ください。

ファンクションコンテナーでhistory.back()を実現する方法

ファンクションコンテナーのソースは以下の通りです。

function init( request )
{
    var menuId = "xxxxxxxx" ;    //メニュー登録時に設定したメニューID
    var param = new Object() ;
    param.title = "ErrorPage" ;
    param.message = "ErrorPageTest" ;
    param.detail = "ErrorPageDetail" ;
    param.returnUrl = Web.base() + "/menu/common/menu_sender/" + menuId ;
    param.returnUrlLabel = "もとに戻る"
    param.parameter = "" ;
    param.status = "" ;
    Transfer.toErrorPage( param ) ;
}

メニューIDはイントラマートにメニューを登録する際に設定されたメニューのIDです。

動的に設定したい場合はMyMenuItemManagerオブジェクトなどで現在ページのメニューIDを抜き出して渡せばよいのではないでしょうか。
(実験はしてないので本当にできるかどうかは調査が必要です。)

株式会社システムトラスト

イントラマートの導入・開発についてなど気軽にご相談ください。

お問合せ

 

株式会社システムトラスト

人材募集中です。

システムトラストでは、システムエンジニア、プログラマーなどを随時募集中です。気軽にご相談ください。

お問合せ