クライアント側で利用しているブラウザーの種類を判定する方法

2018-04-25

イントラマートでクライアント側で利用しているブラウザーの種類を判定したい時があります。

イントラマートとは
株式会社NTTデータイントラマート社が開発・販売している、Webアプリケーションシステムのシステム共通基盤(統合型フレームワーク)で、国内の著名企業を中心に6,000社以上に導入されています。 イントラマートを導入することにより、Webシステム開発における短納期・低コスト・標準化推進・品質向上を実現できます。
詳しくはこちらをご覧ください。

イントラマートでクライアント側で利用しているブラウザーの種類を判定する方法

イントラマートではrequestオブジェクトの中に「User-Agent」というパラメータを持ってきているのでそれを利用します。

requestオブジェクトからヘッダーの内容を取り出すには「getHeader()」メソッドを利用します。

イントラマートが設定してきたUser-Agentの一例は

のような内容で、取得した文字列の中にアクセスに利用したブラウザーの情報が入れられています。

getBrowserName()関数ではその文字列からブラウザーの名称を探し出しています。

ブラウザーの判定方法については


を参考にして処理を作成しました。
ブラウザーを判定する順番にも「コツ」があるようですね。

以上、クライアント側で利用しているブラウザーの種類を判定する方法でした。