バッチジョブでグローバル関数の「execute()」の呼び出し方

2018-02-07

intra-mart Accel Platformからバッチジョブでグローバル関数の「execute()」は通常のやり方では呼び出せません。
原因はバッチジョブの呼び出し用エントリポイントの関数名が「execute()」に変更になったためです。

ただスコープを切り替えて呼び出すと実行できるようなので、その方法をまとめておきます。

イントラマートとは
株式会社NTTデータイントラマート社が開発・販売している、Webアプリケーションシステムのシステム共通基盤(統合型フレームワーク)で、国内の著名企業を中心に6,000社以上に導入されています。 イントラマートを導入することにより、Webシステム開発における短納期・低コスト・標準化推進・品質向上を実現できます。
詳しくはこちらをご覧ください。

バッチジョブからグローバル関数の「execute()」を呼び出す

intra-mart Accel Platformからバッチジョブの呼び出し用エントリポイントの関数名が「execute()」に変更になりました。
(intra-mart WebPlatform7.xではエントリポイントの関数名は「init()」でした。

となるのでバッチジョブで登録された処理からグローバル関数の「execute()」は通常のやり方では呼び出せません。

intra-mart Accel Platformのバッチジョブからグローバル関数の「execute()」を呼び出す場合は、スコープを切り替えて呼び出す必要があります。

イントラマートQ&Aサイト
スクリプト開発モデルのジョブプログラム内でグローバル関数の「execute」とジョブプログラム内の「execute」関数が競合してバッチを実行できません。グローバル関数の「execute」は利用できないのでしょうか?を参考にしました。