VirtualBoxにゲストOSをインストール

仮想環境

VirtualBoxにゲストOSをインストールする方法を紹介します。

CentOSのインストーラーが起動するまで

Oracle VM VirtualBoxマネージャーの起動

「新規」をクリックします。

 

仮想マシンの作成

仮想マシンの名前を入力します。
保存するフォルダーを指定します。
タイプ、バージョンは自動で選択されます。
「次へ」を選択します。

 

仮想ハードディスクの作成

CentOSで使用するファイルのサイズを指定します。
その他の設定は、今回はデフォルトの設定で進めます。
設定が終わったら「作成」をクリックします。

 

仮想マシンの起動

先ほど作成した仮想マシンを選択します。
ストレージから「ディスクイメージを選択/作成」を選択します。

 

事前に準備したCentOSのイメージを選択します。

 

「起動」をクリックします。

 

しばらくするとCentOS7のインストーラーが起動されます。

 

まとめ

基本的に他のゲストOSをインストールする際も同様の手順でインストールできます。
他のOSでも試してみてください。

 

株式会社システムトラスト

人材募集中です。

システムトラストでは、システムエンジニア、プログラマーなどを随時募集中です。気軽にご相談ください。

お問合せ