Pythonのwhile文でループする方法

2021/01/07Python

Pythonではwhile文を使って処理を繰り返し行うループをつくることができます。

whileの基本的な使い方は以下のようになります。

while 条件式 :
    条件式が成り立った時の処理
    条件式が成り立った時の処理

while文の使い方

Pythonのwhile文でループを作成するには以下のように条件式が成り立っている間、行う処理を半角空白文字かタブでインデント(ネスト)して記述します。

lst = [ "ABC", "DEF", "GHI" ]
i = 0
while i < len( lst ) :
    print( "lst[{}]の値は{}です。".format( i, lst[ i ] ))
    i = i + 1

上記の実行結果は

lst[0]の値はABCです。
lst[1]の値はDEFです。
lst[2]の値はGHIです。

になります。

while文でcontinueの使い方

while文ではcontinueを使って処理の途中でループの先頭に戻ることができます。

lst = [ "ABC", "DEF", "GHI" ]
i = 0
while i < len( lst ) :
    if i < 1 :
        i = i + 1
        continue

    print( "lst[{}]の値は{}です。".format( i, lst[ i ] ))
    i = i + 1

上記の実行結果は

lst[1]の値はDEFです。
lst[2]の値はGHIです。

になります。

while文でbreakの使い方

while文ではbreakを使って処理の途中でループを終了することができます。

lst = [ "ABC", "DEF", "GHI" ]
i = 0
while i < len( lst ) :
    if i == 1 :
        break
    print( "lst[{}]の値は{}です。".format( i, lst[ i ] ))
    i = i + 1

上記の実行結果は

lst[0]の値はABCです。

になります。

while文でbreakが実行されなかった時のみに実行されるelse

while文ではbreakを使って処理の途中でループを終了なかった場合のみ実行されるelse文を記述することができます。

lst = [ "ABC", "DEF", "GHI" ]

i = 0
while i < len( lst ) :
    if i == 10 :
        break
    print( "lst[{}]の値は{}です。".format( i, lst[ i ] ))
    i = i + 1
else :
    print( "breakされなっかったので実行される処理" )

print( "---------------------------------" )
i = 0
while i < len( lst ) :
    if i == 1 :
        break
    print( "lst[{}]の値は{}です。".format( i, lst[ i ] ))
    i = i + 1
else :
    print( "breakされたので実行されない処理" )

上記の実行結果は

lst[0]の値はABCです。
lst[1]の値はDEFです。
lst[2]の値はGHIです。
breakされなっかったので実行される処理
---------------------------------
lst[0]の値はABCです。

になります。


株式会社システムトラスト

人材募集中です。

システムトラストでは、システムエンジニア、プログラマーなどを随時募集中です。気軽にご相談ください。

お問合せ