SQL Serverで次レコードの値を参照する

2020-02-10SQLServer

前回は前レコードの値を参照するSQLを紹介しましたが、今回は次レコードの値を参照するSQLを紹介します。

コーディング例

実行結果

氏名 勤務時間 前日
佐藤 1 500 2
佐藤 2 550 3
佐藤 3 0 999
山本 1 0 2
山本 2 460 3
山本 3 510 999
田中 1 520 2
田中 2 620 3
田中 3 0 999

コーディングの28行目では、OVER句で「ROWS BETWEEN 1 FOLLOWING AND 1 FOLLOWING」と指定しており、「FOLLOWING」は日本語訳すると「次の」という意味で、「1 FOLLOWING」は「1つ次」という意味になります。
よって、「ROWS BETWEEN 1 FOLLOWING AND 1 FOLLOWING」は「1つ次のレコードから1つ次のレコードまで」という意味となり、次レコードが参照できます。

以上、「SQL Serverで次レコードの値を参照する」の紹介でした。