viエディター、最低限の操作メモ

2018-05-07

viエディターでファイル編集・作成しなければならない状況に陥った際に最低限の作業ができるように、以下に操作メモとして記載します。

viエディターの基本

■起動前:キー入力は、英小文字にしておくことを推奨します。

■起動方法:vi [ファイル名]

■モード:(編集モードからコマンドモードに戻るには「ESC」キーを押します)

●コマンドモード:起動直後のモードは、コマンドモードです。

カーソル移動:「h」=左 「j」=下 「k」=上 「l」=右

(最近は、矢印キーも使えることが多いです)

編集モードに移る:「i」=カーソル位置から挿入

「cw」=ワードの編集

「o」=次行に挿入 「O」=前行に挿入

変更やコピペ操作:「x」=1文字カット(nx=n文字カット)

「dd」=1行カット(ndd=n行カット)

「yy」=1行コピー(nyy=n行コピー)

「p」=ペースト(貼り付け)カットした文字や行もペーストできます。

検索:「/文字列」=文字列を下方向に検索

「n」=次の候補に移動 「N」=前の候補に移動

終了:「:q」=編集内容を保存せず終了

「:wq」=編集内容を保存して終了

●編集モード:

「ESC」キーで、コマンドモードに戻ることしかできません。

慣れないうちは、コマンドモードなのに、編集中のつもりでキー入力することで

想定外のコマンドを実行することになってしまい、編集中の文章を崩すこともあります。

そんな時にはまず「ESC」キーを押した後、「u」=直前の変更操作の取り消します。