EXCEL オートフィル

Microsoft Excelで、連続データや数式を入力する際にオートフィルを使われると思いますが、曜日や日付、数式以外に自分でデータを登録し、使える事をご存知でしょうか。

登録されているリストの確認方法

  1. Excel 2010 以降では、[ファイル]、[オプション]、[詳細設定]、[全般]、[ユーザー設定リストの編集] の順にクリックします。
  2. Excel 2007 では、[Microsoft Office ボタン] Office ボタンの画像 、[Excel のオプション]、[基本設定]、[Excel の使用に関する基本オプション]、[ユーザー設定リストの編集] の順にクリックします。

※赤色で囲んだ部分が初期状態で登録されているリストです。

よく使う連続した文字列の登録方法

1.例として近畿二府五県を入力し、入力したセル範囲を選択します。

2.各バージョンに準じた手順にて、[ユーザー設定リストの編集] をクリックします。

※選択したセル範囲が表示されます。

3.[インポート]ボタンをクリックすると、「リストの項目」に選択していたセルの値が表示されます。

4.セルに1つ名前を入力し、フィルハンドルをドラッグします。

5.登録したリスト順で名前が入力されます。