Javascriptでゼロパディングする方法

Javascriptでゼロパディングするには「slice()」関数を利用すると簡単にできます。

Javascriptでゼロパディングする方法

JavascriptでゼロパディングするにはStringオブジェクトにある「slice()」関数を利用すると簡単にできます。

「slice()」関数は引数に指定された文字数を抜き出すという関数で、マイナス値を渡すと、最後から指定された文字数分だけ抜き出してくれます。

その機能を利用して、先頭に「0」をいくつか付け足しておいて、最後から指定数分文字を抜き出すと、ゼロパディングするのと同じ効果を得られます。

この入力ボックスに「123」と入力すると「0000000123」という文字列を生成し、その最後5文字を抜き出すので「00123」という結果になります。

このように「slice()」関数を使うと簡単にゼロパディングすることができます。

以上、Javascriptでゼロパディングする方法でした。