バッチファイルで日付加算

バッチファイル

バッチファイルでの日付加算する方法を紹介します。

コーディング例

@ECHO OFF

REM カレントディレクトリ変更
CD /D %~dp0

REM 日付加算ファイルの出力
ECHO WScript.Echo DateAdd(WScript.Arguments(0),WScript.Arguments(1),WScript.Arguments(2)) > DateAdd.vbs

REM 日付加算
FOR /F %%A IN ('CScript //Nologo DateAdd.vbs d -1 2020/01/01') DO SET YMD=%%A

REM 日付加算ファイルの削除
DEL /F /Q DateAdd.vbs

REM 日付加算結果出力
ECHO %YMD%

実行結果

2019/12/31</code>

DOSには日付加算するコマンドがないため、VBScriptを使用しています。
7行目でDateAdd関数を実行するVBScriptを出力しています。
10行目ではFORコマンドでVBScriptを実行しています。DateAdd関数で必要な引数を3つ指定しています。
13行目では、7行目で作成したVBScriptファイルを削除しています。
以上、「バッチファイルで日付加算」の紹介でした。

 

株式会社システムトラスト

人材募集中です。

システムトラストでは、システムエンジニア、プログラマーなどを随時募集中です。気軽にご相談ください。

お問合せ