イントラマートでMozilla RhinoのimportPackage()を使ってみる

2018-02-07

イントラマートでMozilla RhinoのimportPackage()を使ってみる方法です。

イントラマートとは
株式会社NTTデータイントラマート社が開発・販売している、Webアプリケーションシステムのシステム共通基盤(統合型フレームワーク)で、国内の著名企業を中心に6,000社以上に導入されています。 イントラマートを導入することにより、Webシステム開発における短納期・低コスト・標準化推進・品質向上を実現できます。
詳しくはこちらをご覧ください。

イントラマートでMozilla RhinoのimportPackage()を使ってみる

イントラマートでMozilla RhinoのimportPackage()を使ってみます。

実行結果は

ちゃんとJavaのStringBufferが生成されています。

importPackage()を使えば「Packages」と「.」で連なる部分を短くできます。

importPackage()は「Mozilla Rhino」で定義されているようです。

但し


importPackage および importClass 関数は、JavaScript のグローバル変数スコープを「煩雑」にします。これを回避するために、JavaImporter を使用できます。

というようなことがあるので、

「new String()」と書くとJavascriptの「String()」が生成されているようです。
要注意です。