SSO(Single Sign-On)とは

セキュリティセキュリティ

記事内に広告が含まれています。

SSOの概要

SSO(Single Sign-On)は、ユーザーが複数のアプリケーションやシステムに1回のログインでアクセスできる仕組みです。
ユーザーは、1つの認証情報(ユーザー名とパスワード、または他の認証方式)を使用して、複数のサービスにアクセスすることができます。

SSOの重要性

SSOの導入により、ユーザーは複数のアカウントを管理する必要がなくなります。これにより、ユーザーエクスペリエンスが向上し、生産性が向上します。
また、ユーザーは1つのセキュアな認証ポイントを通過するだけで複数のサービスにアクセスできるため、認証情報の流出や不正アクセスのリスクが低減し、セキュリティも強化されます。

SSOの仕組み

SSOの仕組みは、通常、以下のような手順で動作します。

  1. ユーザーがアプリケーションにアクセスし、認証が要求される
  2. ユーザーが認証情報を入力する
  3. SSOシステムが認証情報を検証し、正当なユーザーであることを確認する
  4. SSOシステムが認証トークンを生成し、そのトークンをアプリケーションに送信する
  5. アプリケーションが認証トークンを検証し、ユーザーをログイン状態として認識する

SSOを取り入れるメリット

SSOがもたらすメリットは多岐にわたりますが、主なものは以下の通りです。

  • ユーザーエクスペリエンスの向上
  • ユーザーの認証情報の簡素化
  • セキュリティの向上
  • IT管理の容易化

SSOの利用事例

SSOは、企業の内部システムやクラウドサービス、ウェブサイトなど、さまざまな場面で利用されています。
一般的なSSOのプロバイダには、GoogleのG Suite、MicrosoftのAzure Active Directory、Oktaなどがあります。

まとめ

SSOは、ユーザーの生産性を向上させ、セキュリティを強化するための重要なツールです。
1つの認証情報を使用して複数のサービスにアクセスできるため、ユーザーエクスペリエンスが向上し、管理も容易になります。
企業や組織がデジタルトランスフォーメーションを推進する中で、SSOの導入はますます重要性を増しています。

システムトラストでは一緒に働いていただける仲間を募集中です。
記事内に広告が含まれています。
株式会社システムトラスト

システムトラストでは、システムエンジニア、プログラマーなどを随時募集中です。気軽にご相談ください。

お問合せ