SQL Sever 2017を無料で使う方法

SQL Sever 2017には無料で利用できるエディションも用意されているので、技術の学習、研究や小規模なシステム開発であれば手軽に利用を開始することができます。

SQL Sever 2017の各エディション

MicrosoftのSQL Sever 2017には以下のエディションがあり、中には無料で使えるものもあります。

エディション コアの最大数 メモリ 最大データベースサイズ 運用環境での使用権 料金
SQL Server 2017 Enterprise 無制限 オペレーティング システムの最大値 524 PB 有料
SQL Server 2017 Standard

24コア 32 GB 524 PB 有料
SQL Server 2017 Express

4コア 352 MB 10 GB 無料
SQL Server 2017 Developer

無制限 オペレーティング システムの最大値 524 PB × 無料

データベース容量が10GBまでの小規模のデータベースシステムを使ったアプリケーションやシステムであれば「SQL Server 2017 Express」が利用できます。
本番運用はできませんが、開発環境や技術検証用としては「SQL Server 2017 Developer」でフル機能利用することが可能です。

ExpressとDeveloperのダウンロード

SQL Server 2017 のExpressとDeveloperのダウンロードは以下のサイトから行います。

まとめ

開発環境などに本番環境と同じデーターベースをそろえることは予算的にも厳しいものがあり、代替え機能なので済ませがちですが、SQL Server 2017 Developer エディションを使えば本番環境と同じデータベース環境が無料で構築できるので、リリース前のテストもスムーズに進められるのでお勧めです。

以上、「SQL Sever 2017を無料で使う方法」でした。